Waiaka Shot

ツアー中

尺八ライブ

 
尺八とは、複雑な日本美学の秘密を発見するためのパスポート。
その音色はどんな楽器の音をも凌駕している。
— ヘッド・蓮蔵・ショーン
i-tMQjfZb-X2.jpg

尺八ソロ奏者、室内楽演奏家、レコーディングアーティスト、作曲家、そして尺八の師範と様々な活躍を展開するアメリカ人、ヘッド・蓮蔵・ショーン。日本の伝統音楽の西洋文化圏での受容、そして拡大という壮大なミッションの最前線に位置している。尺八にかけるヘッドの誠実さと情熱、そして新しい音楽的挑戦は、これまでに、様々な形で、多くの国境をまたいできた。作曲活動において、彼は、音楽の細部へのこだわりを追及し、音の品格を極限まで追求。その独自の音楽世界を表現するために、彼は尺八という日本の伝統的な楽器を選んだ。

時代はグローバル化し、国境を越えたコミュニケーションの重要性がますます理解される中、ヘッドは「芸術家」の役割を以下のように定義する。芸術家、古く伝統的な素材を発掘・再発見し、グローバルな観点から、新しい解釈を加え、新しい表現方法で、現代に蘇らせる、それが芸術家である。 ヘッドは、日頃から東洋と西洋の間を観察している。彼のミッションは、二つの世界、つまり日本の音楽美学と西洋音楽の統一の可能性を探ること。ヘッドにとって、尺八は日本的美学を理解するためのパスポートである。尺八はこの二つの世界を行き来させてくれる。一方で、ヘッドはクラッシック音楽の現代的発展にも寄与してきた。また様々な音楽ジャンルのアーティスト(個人、団体を含む)とのコラボを通じ、従来のクラシック音楽の守備範囲を広げてきたのだ。現在、コラボ中のアーティストは、「The Path of Tea」ヒューストン、Westheimer String Quartet、Francis Fenton(soprano)、Susanna Campbell(Shoso Duoのハープ奏者)、Houston Symphonyのメンバー。さらに他の一流ソリストと室内楽団とのコラボを展開中である。特にヘッドが共同創立メンバーとして活動中のデュオは「ショウソウ・デュオ」である(正倉院の「しょうそう」を名前としている)。ハープ奏者、スザンナ・キャンベルとのコラボにおいて、西洋楽器であるハープと和楽器である尺八の醸し出す世界は多くの人を魅了している。自らの音楽の探求のため、ヘッドはコラボのためのアーティストを世界規模で探している。

ヘッドはミズーリ州セントチャールズに生を受ける。10歳で、正式な音楽教育を開始。作曲も彼の音楽教育の重要な一部であった。15歳で地元のアンサンブルのために、作曲家として活動を開始。尺八との運命的出会いは18歳の夏、アジア旅行中に起こる。その後、ヘッドは名誉大師範のMichael Chikuzen Gould氏に師事し、数年たらずのうちに、師範となる。この時点で、ヘッドは、外国人で最年少の師範となる。2019年、ヘッドは日本の伝統音楽への貢献を認められ、ロナルド・ワット氏(松濤館流空手九段、旭日章受章者)から、OSS大将軍を受賞する。ヘッドはクリーブランド音楽院でキース・フィッチ教授とスティーブン・コーン教授の指導の元に作曲の学士号を取得。現在、テキサス州ヒューストンを拠点とし活動中。彼の尺八は、有名な尺八メーカーである、容山銘尺八によるもので、特注による8つの尺八を使用。

download.jpg
 

三つ構成要素

 
 
i-H7s5fxC-XL.jpg

作曲家

作曲家として、ヘッド日本音楽の複雑な美学を反映した音楽の実質的な出力をしました。 彼の最近の作曲「バーニング・ルーツ・スケッチ第4番」は、バイオリン奏者のミシャ・ベイマンが依頼したもので、彼の西洋のルーツと日本の音の関係の一例です。 Vaymanは、ショーンの音楽は「西洋の繊細な繊細さで構成された日本の感情を深く感じた」と述べています。 「ショーンの音楽を演奏するとき、私は西洋のレパートリーを演奏している間はあまり使用しない色、テクニック、そして色調に私の音楽的展望を開く必要があります。」 - 他の演奏家は言った。 - リア・スティーブンス、フルート奏者。 現在の作曲プロジェクトは、Energy Corridor Houston Orchestra(ECHO)の委託を受けて、尺八とオーケストラのための協奏曲を作曲することです。

2016年に、ヘッドはソプラノナオミ・コルムナをフィーチャーした彼の最初のCD「十四朗詠」をリリースしました。 この15曲入りアルバムには、ソプラノと尺八の古代の日本語と中国語のテキストが含まれています。 それは日本の聴衆によって崇められて、「古典的な日本の詩の再構成された傑作」と見なされました。上川和明。 バイオリン奏者、アイジャ・イザックCD「Teksasys Latgalisi」でもフィーチャーされています。2018年にラトビアで文化ボーナス賞を受賞しました。ショーンの次のCDは進行中で、世界中の作曲家による新しい作品を特集しています。

23319142_1539751319442410_7890724978924734949_n.jpg

演奏者

時代はグローバル化し、国境を越えたコミュニケーションの重要性がますます理解される中、ヘッドは「芸術家」の役割を以下のように定義する。芸術家、古く伝統的な素材を発掘・再発見し、グローバルな観点から、新しい解釈を加え、新しい表現方法で、現代に蘇らせる、それが芸術家である。 ヘッドは、日頃から東洋と西洋の間を観察している。彼のミッションは、二つの世界、つまり日本の音楽美学と西洋音楽の統一の可能性を探ること。ヘッドにとって、尺八は日本的美学を理解するためのパスポートである。尺八はこの二つの世界を行き来させてくれる。一方で、ヘッドはクラッシック音楽の現代的発展にも寄与してきた。また様々な音楽ジャンルのアーティスト(個人、団体を含む)とのコラボを通じ、従来のクラシック音楽の守備範囲を広げてきたのだ。特にヘッドが共同創立メンバーとして活動中のデュオは「ショウソウ・デュオ」である(正倉院の「しょうそう」を名前としている)。ハープ奏者、スザンナ・キャンベルとのコラボにおいて、西洋楽器であるハープと和楽器である尺八の醸し出す世界は多くの人を魅了している。自らの音楽の探求のため、ヘッドはコラボのためのアーティストを世界規模で探している。

ソリストとして、ヘッドは伝統的な形と現代の西洋式の両方で尺八を普及させることを、魅力的な音楽を書くように作曲家に依頼することによって彼の目標を達成しました。最近、彼は作曲家に依頼しました:シン・ジョンツァイ、ボー・リー、デビッド・ヴァヨ、エリック・チャノフスキーなど。彼は2020年までに20の新しい仕事を依頼し、実行することを目指しています。

IMG_0930.JPG

師範

クラシック音楽が多様な視聴者を見つけ、その視聴者の芸術へのつながりを深めるための手段として、音楽を不可欠な教育ツールとして支持しています。彼は、他の方法ではクラシック音楽を直接体験することができないかもしれない子供たちに楽器や芸術教育を提供するYoung Audience Houstonに積極的に関わっています。今年は、アニメ、マンガ、食べ物、子供たちが日本の音楽史をより深く掘り下げることを促す歴史的な物語など、恋に知っていることを活用して、ヤングオーディエンスヒューストンと新しいプログラムを開発しました。

 彼はまた、ボール州立大学、オハイオ州立大学、クリーブランド音楽大学、カンザスシティミズーリ大学、ローンスターカレッジ、台湾など、さまざまな学校でできる限り頻繁に講義をすることにしました。なかでも国立芸術大学。 ヘッドは最近、サイプレスLonestar CollegeのBrian P. Herringtonの委託を受けて、尺八と室内管弦楽団のための「そしてそれはちょうど聞こえた」と題されたオリジナルの作曲を作曲して初演しました。 「ヘッド蓮蔵ショーンが新しい協奏曲の初演でオーケストラと一緒に仕事をするように招待したとき、私の目標は生徒たちに新しい音楽について興奮させ、観客を刺激することでした。ショーンは私たちの指揮者としての経験、そしてオーケストラの学生たちがはっきりと魅了され、観客からの反応は圧倒的なものでした。」

66653064_443897729782192_4320360929360347136_n.png
 

イベントカレンダー(英語と日本語)

 

ブログとニュース(英語だけ)

 

ザ正倉デュオ

IMG_9908.jpg
 
 

それはすべてのときに始まった。。。


尺八師範、ヘッド蓮蔵ショーンとハープ奏者のSusanna CampbellがRetrospect Coffee Barでコンサートのコラボレーションについて話し合った。東部の音楽と尺八の文化を現代のペダルハープの西洋の美学と融合させることは、両方の芸術家に訴えかけ、そして新しい音楽的イニシアチブが生まれました。 Shoso Duoは、2018年2月24日、テキサス州ヒューストンのキャンベルラーニングセンターでデビュー公演を行いました。このコンサートは2018年5月21日にヒューストン国際キリスト教会で繰り返し公演が行われ、さらに2つのコンサートが2018年夏に予定されています。楽しむこと、そして音楽への情熱を持っている人なら誰でも演奏方法を学ぶこと。

 
 
4775419-BKEHZQYW-7.jpg

お問い合わせ

 

お問い合わせ

 

フォーム

名前 *
名前
 
 

ショーンについて何を言っているの?

 
 
Katrin.png

Katrin Meidell

ショーンは2019年3月にシュワブ音楽院を訪問しました。彼はフルートと作曲スタジオの両方を生徒の体全体に紹介しました。 さらに、ショーンと私は彼の作曲を特集して一緒にリサイタルを行いました。 共同制作者として、ショーンは私たちのリハーサルとパフォーマンスが楽しくて成功することを可能にしたプロでありながら簡単なやり方をしています。 プレゼンターとして、彼は興味深くて面白く、興味深く有益な講義を可能にしました。 作曲家として、ショーンは彼の年を超えて成熟度を表示し、そして私は本当に彼が私のために作曲した作品を楽しんでいます。 私たちのリサイタルの後、ショーンの作曲の爽快なプログラミングとショーンの美しい尺八演奏のユニークな経験に関して多くの賛辞を受けました。 私たちの次のコラボレーションを楽しみにしています。

Katrin Meidell, DMA
Assistant Professor of Viola
Schwob School of Music
Columbus State University
Board Member, American Viola Society

Kazuaki Uekawa.jpg

Kazuaki Uekawa

ショーンヘッドはマスターミュージシャン/作曲家です。彼の音楽は、職人の技で竹で作られた伝統的な美しい楽器を通して物語を語ります。ショーンは豊かな表現と技術的な洗練を通してそれに命を吹き込みます。彼が生み出す多様な音色は他の現代楽器の演奏者のようなものではありません。彼のビブラート、深い共鳴、そしてゆっくりとした速いレガートでランは、彼の全身の奥深くから来ているようです。尺八には5つの穴しかありませんが、ショーやビデオでショーンを見ると、パフォーマーの全体が音色にどのように影響しているかを観察できます。私の目を閉じてショーンの音楽を聴くと、自然の音が聞こえます。風の音、落ち葉、鳥のさえずり、動物の吠え声などです。私のお気に入りはショーンの日本の古典的な詩の音楽的解釈であるショーンの傑作、十四朗詠。 十四朗詠は、ショーンが日本の文化とその古代を深く感謝していることを反映しています。それはショーンが日本の芸術、歴史、そして人々に対して抱いている情熱と尊敬を反映しています。ショーンは、彼が音楽を通して物語を語ることを可能にしている一見単純な道具を通して音楽の可能性の境界を押し広げているようです。


Kazuaki Uekawa, Ph.D  

Author of Eigo Nodo, expert in Japanese and English language translation and pronunciation. 

60807014_1127665690755144_618658320655319040_n.jpg

Noelle Goseling

ショーンはカリスマ的で情熱的なミュージシャンです。 彼のクラシック音楽の知識と背景は非常に広く、バイオリンとビオラの両方にまたがっています。 彼はまた才能のある作曲家であり、彼の音楽は多種多様な情報源から得ており、常に音楽的に興味深く、演奏するのに価値があります。 さらに、彼は日本の伝統的なフルート(尺八)のマスターであり、世界中の観客を喜ばせ、驚かせました。


Noelle Goseling 

Violin Soloist, Educator 

dmurray-NJRoQ7PXl.jpg

David Murray

ショーンヘッドが最近発表したバトラー大学の音楽学校への旅行中にリサイタルを発表し、私達の学生と話すことができて本当にうれしかったです。 生徒たちは彼の演奏にかなり興味を持っていて、彼が彼の音楽について話し合い、開いたフォーラムで質問をすることができたときには完全に熱心でした。 彼はまたフルートと作曲スタジオのためにマスタークラスを与えました。 尺八を聞くことは、私たちの多くの生徒にとって新しくて魅力的な経験でした。

David Murray 

Director – School of Music

Professor of Bass

Butler University

DavidVayoAtSynthesizer.jpg

David Vayo

ショーンヘッドは今年2月にイリノイウェスリアン大学を訪問し、IWUのニューミュージックシリーズのゲストとして紹介しました。キャンパスにいる間、ヘッド氏は自分の楽器について作曲家と木管楽器の学生に発表し、日本の伝統音楽、彼自身の作曲、そして無料の即興演奏を含むコンサートを行いました。

ヘッド氏の発表は彼の楽器に関する有益な歴史的、文化的、そして実用的な情報、そして尺八の技術と特徴の実演でいっぱいでした。魅力的な講演者で、彼は生徒たちとよくつながりました。コンサートで、ヘッド氏は伝統的なレパートリーと同様に彼自身の印象的な作曲の熟練したそして表現力豊かな演出を行いました。彼の無料の即興演奏のパートナーとして、私は進行中の音楽ドラマをサポートするために彼のかなりの創造性とテクニックを瞬時に集める彼の能力に感銘を受けました。他の人と即興で演奏するとき、私は常に単一の音楽的知性が両方の演奏者を演出しているように感じられる状況を望みます。

David Vayo 

Fern Rosetta Sherff Professor of Composition and Theory

Illinois Wesleyan Univeristy 

31841972_10215891186610722_3001581462957850624_n.jpg

Robin Bohumil

ショーンは熱心なミュージシャンでありインストラクターでもあります。彼は素晴らしい耳を持っています。 彼はそれをやりがいのあるものにしているので私は常に優れていることをやる気にさせています。また、記録されたレッスンを簡単に確認できるので、Skypeのレッスン形式は非常に効果的です。 結果として、私は本当に好きな音楽を演奏することが可能であるだけではない、より早く速く改善しただけではありました。 ショーンからレッスンを受けることをお勧めします。

Robin Bohumil

Current Shakuhachi Student

herrington.jpg

Brian P. Herrington

ヘッド蓮蔵ショーン様が新しい協奏曲の初演でオーケストラと一緒に仕事をするように招待したとき、私の目標は学生に新しい音楽について興奮させて、そして私たちの聴衆を刺激することでした。 ヘッド様との共演は私にとって指揮者としての不思議な経験であり、私たちのオーケストラの生徒たちははっきりと魅了されました。 聴衆からの反応は圧倒的でした。 ショーンは彼らが魅力と寛大な精神で彼らを従事させたので、私たちの学生のために新しい世界を切り開きました。

Brian P. Herrington, Ph.D.

Assistant Professor of Music and Director of the Symphony Orchestra, Music Theory Coordinator, Lone Star College-CyFair

50233397_1253627524789176_7666820367742140416_o.jpg

Eric Charnofsky

ショーンが尺八とその特別な特性を宣伝することへの献身は、彼の新しい音楽とその実務家への揺るぎない支持と共に、非常に称賛されるべきです。 2018年に、彼は私に現代の西洋の美学とこの有名な日本の楽器を組み合わせた独奏尺八の作品を書くよう依頼しました。 それをどのように書くかについての彼のチュートリアルは非常に親切で明確でした、そして彼が初演した音楽への彼の明白な献身は刺激的です。 ショーンは私の作品を国内外で演奏し続けているので、ショーンに感謝しています。そして東部と西部の音楽の伝統を橋渡しするという彼の献身を尊重します。

  Eric Charnofsky

Case Western Reserve University Instructor, Pianist and Composer

kmoratz-NJxMiEJFZ_JPG.jpg

Karen Evans Moratz

バトラー大学のフルートスタジオで行われたヘッド蓮蔵ショーンさんの2019年春のワークショップは、明るく、啓発的で、実に刺激的でした。 彼と私達のために伝統的で独創的な作曲をしていたので、私と私の学生と私は尺八のフルートの彼の命令に驚いていました。 尺八の笛の研究への彼自身の旅の彼の説明は私の学生が「箱の外」を考えそして全く新しい創造的な道を探ることを励ましました。 ヘッド氏の革新的でありながら魅力的な独創的な構成を探究した後、私達は私達のフルート合唱団のために新しい作品を試運転することを計画しています。 確かに、彼の訪問は私達の年のハイライトでした。

Karen Evans Moratz

Principal flutist of Indianapolis Symphony Orchestra, Artist in Residence at Butler University, and Author of Flute for Dummies. 

Kawamura.jpg

Hiroaki Kawamura

「ショーンが2015年のオハイオ日本語教師協会年次総会でケント州立大学で尺八を披露するのは嬉しかった。彼は尺八の伝統に大きな情熱を持っており、それを米国の聴衆に紹介することを決意している。 ショーンのような若い人と出会うことは、日本語と文化教育の分野で私たち全員にとって大きな喜びです。」

 Hiroaki Kawamura

Ph.D., Associate Professor of Japanese, The University of Findlay; President, Ohio Association of Teachers of Japanese

yi_113_JPG.jpg

Yongfei Yi

ショーンヘッド氏は日本の美学用語を一般の聴衆に説明する素晴らしい仕事をしました。 彼は学生に講義に参加させるのも得意でした。 彼の講義は有益で楽しいものでした。 私たちはみんな本当に彼の講義を楽しんで、彼の情熱と知識を賞賛しました。

Yongfei Yi, 

PhD Candidate Modern Japanese Literature Department of East Asian Languages and Literatures

MishaVayman.jpg

Misha Vayman

ショーンの音楽は、西洋の繊細な繊細さで構成された日本の感情を深く感じたものです

Misha Vayman

Critically Accalimed soloist and chamber musician

lisa-rainsong-11-30-14_orig.jpg

Lisa Rainsong

ショーンヘッドは私の2年生の音楽理論のクラスのために日本の楽譜と日本のフルート音楽に関する魅力的な講義を発表しました。 私は彼の日本語のフルートで音楽の細部を伝える能力に感銘を受けました。 学生たちは彼の発表が非常に魅力的であると感じ、とても楽しかったです。 私もしました!

Lisa Rainsong

 Cleveland Institute of Music and Case Western Reserve University Music Theory faculty. 

Vayman_Anna.jpg

Anna Vayman

ショーンはBenefic Chamber Music Champでの彼の役割を見事に満たし、作曲と即興のトピックを発表している熱心でクリエイティブなプロです。 生徒たちは熱意と自信を持って答え、BCMCの最も重要なポイントの1つとして自分の時間を評価しました。

Anna Vayman 

Artistic Director of Benefic Chamber Music Camp, Associate Violin Professor at Ball State University. 

CLAYTON-Ariel.jpg

Ariel Clayton Karas

ヘッドショーンさんの最近のClassical Revolution Clevelandショーでの尺八の演奏は本当に素晴らしいものでした。 彼の技術的かつ音楽的な楽器の命令は素晴らしく、演奏されたレパートリーは魅力的でした。 CRCがそのジャンルの音楽を私たちのショーに組み入れたのは初めてのことでしたが、それは目を見張るものでした。 我々はすぐに彼を取り戻すことを願っています!

 Ariel Clayton Karas

 Director, Classical Revolution Cleveland